能登の文化と山海の恵みに感謝して

店主ご挨拶

江戸時代、北は北海道から南は九州まで日本海側を往来した「北前船」が日本各地の食材・調味料を運び、その中心となった能登・加賀は食・芸能・工芸など華やかな文化であふれました。

芸能・文化が往来し、新鮮な食材にあふれる能登には様々な食文化が生み出され、酒醸造を始めとした発酵食文化、漬物・米糠鯖などの保存食、日本最大級の定置網漁法、加賀・能登固有の野菜、加賀料理と呼ばれる調理技術など、現代に多く引き継がれています。

青海楼はそんな時代に「芝居茶屋」として生まれました。

町人たちが手作りする歌舞伎、全国を旅する歌舞伎一座などが七尾の港をにぎわした様子が木版画として当店に受け継がれております。

文化を愉しみ、食を楽しむそんなひと時を現代に作り出すお手伝いができましたら幸いです。

青海楼