能登の山海の恵みを旬にいただく

 能登懐石

能登半島は日本海に大きく突き出した複雑な形をしています。ちょうど暖流(対馬海流)と寒流(リマン海流)がぶつかり、北からの魚と南からの魚が四季を通じて漁獲される豊かな漁場となっています。

七尾湾が天然の良港と呼ばれるように、年間を通じて穏やかなため、商業港として古くから栄え、海産物・野菜・米・酒・調味料など食文化をはじめ、歌舞伎や太鼓、三味線などの芸能に至るまであらゆる文化が集まる場所として繁栄してきました。

毎日豊かな食材に恵まれている能登だからこそ、一般家庭に至るまで毎日がごちそうにあふれております。青海楼では舌の肥えた地元のお客様にもご満足いただけることを第一に、食材の最大の魅力を引き出す工夫を凝らして参りました。まさに、能登懐石は日本でも有数の食資源と、全国各地から集まった文化によって生み出された日常の贅沢です。

食の宝庫能登の恵み「能登懐石」を気軽にお楽しみいただけるよう、従業員一同精一杯務めさせていただいております。ご希望などお気軽にお申し付けくださいませ。

能登の旬をお楽しみください

能登懐石のご案内

四季折々の魚が水揚げされる、天然のいけすとも呼ばれる七尾湾、富山湾
長年営みが続けられてきた稲作や畑作
我々は自然の恵みを大切にして暮らしています。

世界農業遺産能登の里山里海

心落ち着く和の空間

お部屋のご案内